2015年04月03日

FFmpeg rev.71215 ダウンロード


FFmpeg最新版(2015/04/02現在)、rev.71215(c299fbb)のWindows用バイナリを置いておきます。

ffmpeg_bin-71215.zip
ffmpeg_bin_pentium4-71215.zip (Pentium4最適化版)
ffmpeg_bin_core2-71215.zip (Core2最適化版)
ffmpeg_bin_athlon64-71215.zip (Athlon64最適化版)
ffmpeg_bin_phenom-71215.zip (Phenom最適化版)

ffplay_bin-71215.zip
ffprobe_bin-71215.zip

以下のライブラリをアップデートしました。

nasm-2.11.08
libbluray-0.7.0
gsm-1.0.14
OpenH264 v1.4-20150401-git-819f379
mbedtls-1.3.10(polarssl-1.3.10)
aoTuV Beta6.03 (2014) libvorbis-1.3.5パッチ
libvpx-v1.3.0-5857-gb8a1de8
x264 rev.2538 git-121396c
x265 1.5+460-ac85c775620f
fontconfig-2.11.93


バイナリはどれを使っても大丈夫だと思いますが、SSE2に対応していないCPU(Duron、Sempronの一部、Pentium3など)をお使いの方は、最適化無し版を使ってみてください。

最適化無し版でもエラーが出る場合は、サポート外とします。

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

FFmpegのコンパイルは、以下の記事を参考にしてください。
FFmpegのコンパイル (2014/02/17)


posted by あべちん at 02:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード

libvorbis-1.3.5のコンパイル&インストール(暫定版)


libvorbis-1.3.5がリリースされました。

aoTuV Beta6.03 (2014)はlibvorbis-1.3.4がベースになっていますので、libvorbis-1.3.4からlibvorbis-1.3.5への差分を、aoTuV Beta6.03 (2014)に適用します。


posted by あべちん at 00:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ

2015年01月23日

FFmpeg rev.69201 ダウンロード


FFmpeg最新版(2015/01/22現在)、rev.69201(a30fd82)のWindows用バイナリを置いておきます。

ffmpeg_bin-69201.zip
ffmpeg_bin_pentium4-69201.zip (Pentium4最適化版)
ffmpeg_bin_core2-69201.zip (Core2最適化版)
ffmpeg_bin_athlon64-69201.zip (Athlon64最適化版)
ffmpeg_bin_phenom-69201.zip (Phenom最適化版)

ffplay_bin-69201.zip
ffprobe_bin-69201.zip

以下のライブラリをアップデートしました。

libilbc-2.0.3-dev-20150113-git-e762d0e
OpenH264 v1.3-20150121-git-e7fff10 (新規追加)
vid.stab-v1.0-20150102-git-4ec5be1
rtmpdump-2.4-20150114-git-a107cef
libvpx-v1.3.0-5326-gcd0830f
x264 rev.2525 git-40bb568
x265 1.4+424-2b93cf2a5ac8
freetype-2.5.5
fontconfig-2.11.92
libass-0.12.1


バイナリはどれを使っても大丈夫だと思いますが、SSE2に対応していないCPU(Duron、Sempronの一部、Pentium3など)をお使いの方は、最適化無し版を使ってみてください。

最適化無し版でもエラーが出る場合は、サポート外とします。

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

とりあえず、OpenH264はこんなオプションでエンコードできます。

Title=【動画】OpenH264 + 内蔵AAC(experimental) 720p 30fps
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -c:v libopenh264 -profile main -s 1280x720 -aspect 16:9 -r 29.97 -sws_flags lanczos+print_info -b:v 3M -c:a aac -strict experimental -b:a 192k -ac 2 -ar 48000 -f mp4 -threads 3 "<%OutputFile%>.mp4""

-profile は main または baseline(デフォルト)が指定できるようです。
エンコードは速いのですが、映像ビットレートのわりにファイルがでかくなるので、まだまだx264の代わりにはならない感じです。

FFmpegのコンパイルは、以下の記事を参考にしてください。
FFmpegのコンパイル (2014/02/17)


posted by あべちん at 01:40 | Comment(10) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード