2016年09月30日

FFmpeg rev.81827 ダウンロード

FFmpeg最新版(2016/09/29現在)、rev.81827(81bab10)のWindows用バイナリを置いておきます。

ffmpeg_bin-81827.zip
ffmpeg_bin_pentium4-81827.zip (Pentium4最適化版) QSV対応
ffmpeg_bin_core2-81827.zip (Core2最適化版) QSV対応
ffmpeg_bin_athlon64-81827.zip (Athlon64最適化版)
ffmpeg_bin_phenom-81827.zip (Phenom最適化版)

ffplay_bin-81827.zip
ffprobe_bin-81827.zip

2016/10/14 追記
SDL2のconfigureオプションに「--disable-assembly」を追加して、ビルドし直してffplayだけアップしました。
ffplay_bin-81827-2.zip


以下のライブラリをアップデートしました。

gsm-1.0.16
Kvazaar v0.8.3-288-g23dc9a0
OpenH264 v1.6.0-20160928-git-f911895
openjpeg-2.1.2
gnutls-3.4.15
snappy-1.1.3 (新規追加)
libvpx-v1.6.0-463-g70240a7
x264 rev.2705 git-3f5ed56
x265 2.1+11-a3d4e3b13c6c
freetype-2.7
libass-0.13.3
SDL2-2.0.4 (SDL-1.2.15と入れ替え)


バイナリはどれを使っても大丈夫だと思いますが、SSE2に対応していないCPU(Duron、Sempronの一部、Pentium3など)をお使いの方は、最適化無し版を使ってみてください。

最適化無し版でもエラーが出る場合は、サポート外とします。

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

FFmpegのビルドは、以下の記事を参考にしてください。
FFmpegのビルド (2014/02/17)

ビルド環境:MinGW gcc-5.4.0
binutils-2.27
mingw-w64-v4.0.6

各ライブラリのバージョンは、以下の通りです。
nasm-2.12.02
yasm-1.3.0
zlib-1.2.8
bzip2-1.0.6
libbluray-0.9.3
libbs2b-3.1.0
libcaca-0.99.beta19
libcdio-0.93
libcdio-paranoia-10.2+0.93+1
game-music-emu-0.6.0
gsm-1.0.16
libilbc-2.0.3-dev-20160405-git-746f8e2
Kvazaar v0.8.3-288-g23dc9a0
libmodplug-0.8.8.5
lame-3.99.5
OpenH264 v1.6.0-20160928-git-f911895
openjpeg-2.1.2
opus-1.1.3
opencore-amr-0.1.3
vid.stab-v1.1-20150529-git-97c6ae2
vo-amrwbenc-0.1.3
gmp-6.1.1
nettle-3.2
gnutls-3.4.15
rtmpdump-2.4-20151223-git-fa8646d GnuTLS版
snappy-1.1.3
libogg-1.3.2
aoTuV Beta6.03 (2015)
libtheora-1.1.1
speex-1.2rc2
twolame-0.3.13
libsoxr-0.1.2
libvpx-v1.6.0-463-g70240a7
wavpack-4.80.0
libwebp-0.5.1
x264 rev.2705 git-3f5ed56 (make fprofiled)
x265 2.1+11-a3d4e3b13c6c
xvidcore-1.3.4
libiconv-1.14
freetype-2.7
expat-2.2.0
fontconfig-2.12.1
fribidi-0.19.7
libass-0.13.3
SDL2-2.0.4
xz-5.2.2
zimg-2.1
mfx_dispatch-20160317-git-7adf2e4


最適化オプションは、以下のようにしています。

最適化無し版
--extra-cflags="-march=i686 -mtune=generic" --enable-memalign-hack

Pentium4最適化版
--extra-cflags="-mtune=pentium4 -mfpmath=sse -msse" --cpu=pentium4

Core2最適化版
--extra-cflags="-mtune=core2 -mfpmath=sse -msse" --cpu=i686

Athlon64最適化版
--extra-cflags="-mtune=athlon64 -mfpmath=sse -msse" --cpu=i686

Phenom最適化版
--extra-cflags="-mtune=amdfam10 -mfpmath=sse -msse" --cpu=i686


QSV対応版は、「--enable-libmfx」を追加しています。
最適化無し版は、「--disable-dxva2」を追加しています。

今回より、「--enable-libsnappy」を追加、sdlをsdl2に変更しました。

$ ./configure --enable-gpl --enable-version3 --enable-avisynth --enable-fontconfig --enable-gnutls --enable-libass --enable-libbluray --enable-libbs2b --enable-libcaca --enable-libcdio --enable-libfreetype --enable-libfribidi --enable-libgme --enable-libgsm --enable-libilbc --enable-libkvazaar --enable-libmodplug --enable-libmp3lame --enable-libopencore-amrnb --enable-libopencore-amrwb --enable-libopenh264 --enable-libopenjpeg --enable-libopus --enable-librtmp --enable-libsnappy --enable-libsoxr --enable-libspeex --enable-libtheora --enable-libtwolame --enable-libvidstab --enable-libvo-amrwbenc --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libwavpack --enable-libwebp --enable-libx264 --enable-libx265 --enable-libxvid --enable-libzimg --enable-opengl --disable-outdev=sdl2 --enable-w32threads --disable-debug --pkg-config-flags=--static --extra-ldflags=-static --extra-cflags="-mtune=athlon64 -mfpmath=sse -msse" --optflags="-O2 -finline-functions"

※--extra-cflagsは、最適化の種類により異なります。
posted by あべちん at 04:19 | Comment(8) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード
この記事へのコメント
どうもお世話になってます
XP環境での動作ですが
ffmpeg.exe
ffprobe.exe
は問題無く動作しましたが
(axffmpeg.spiでの動作確認だけですが)

ffplay.exe
が以下のエラーが出て動画の再生が出来ないです
前バージョンのffplay_bin-81322-no-dxva2-2.zipでは動作しました

---
ffplay.exe - アプリケーション エラー
OK
キャンセル
"0x00ef80f9" の命令が "0x0c7f0000" のメモリを参照しました。メモリが "written" になることはできませんでした。
---

よろしくお願いします
Posted by kuma at 2016年10月12日 22:47
追記
エラーが出ない時もあります
ただ、動画画面が完全にぐちゃぐちゃです
Posted by kuma at 2016年10月13日 10:49
kumaさん、こんにちは。管理人です。

動作報告ありがとうございます。

エラーが出たり出なかったりというのは、原因の特定が難しいやつですね。

SDL2の何かだとは思いますので、とりあえず、思い当たるオプションを付けてSDL2をコンパイルし直してみました。

XP環境が無いため、狙いが当たってるか分かりませんが、よろしければお試しください。
Posted by あべちん at 2016年10月14日 02:43
修正ありがとうございます
ffplay_bin-81827-2.zip
にてエラー&動画画面が完全にぐちゃぐちゃは出なくなりました
また手持ちがあった以下の再生を確認しました
.asf
.avi
.flv
.mov
.swf
.wmv
.mp3
.mp4
これで問題なさそうです
Posted by kuma at 2016年10月14日 05:38
kumaさん

いろいろと試していただいて、ありがとうございます。
XPでも動作するようになって良かったです。

SDL1.2でアセンブリにバグがあったらしく、無効にしていたのですが、SDL2にもバグがあるのかもしれないですね。

おかげさまで、助かりました。
Posted by あべちん at 2016年10月15日 02:55
ご無沙汰しております

たまにしか変換してなかったので気づかなかったことを報告しておきます。

80421のffmpegでx265へ変換しようとするとffmpegが落ちる

それ以前のバージョンでは問題なし
ffmpegだけ変更した結果です

81827のffmpegで実行すると問題なくエンコード出来ました。
よって80421固有と思われます。
(スクリプトはまったくいじってませんので)

他の変換に関して81827でどうなるかについてはまだ変更してないので不明です。
変更後また報告しに来ます。
Posted by KANAAN-PEPO at 2016年10月20日 12:08
変更したあと幾つか処理しましたが特に問題なく利用できてます。
ありがとうございます。
Posted by KANAAN-PEPO at 2016年10月20日 21:24
KANAAN-PEPOさん、こんにちは。管理人です。

ご報告ありがとうございます。

rev.80421のx265の不具合は、gcc-6.1.0でビルドしたことが原因か、x265自身の問題かよくわからないので、ビルド環境はあまり変えないほうが良さそうですね。

不定期で更新していますので、またお越しください。
Posted by あべちん at 2016年10月24日 23:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177078563
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック