2019年11月26日

FFmpeg rev.95881 ダウンロード

FFmpeg最新版(2019/08/04現在)、rev.95881(59d264b0a1)のWindows用バイナリを置いておきます。

一般用とレガシー用のconfigureオプションを「--enable-pthreads --disable-w32threads」共通にしました。
その他、「--enable-librav1e」は一般用のみ、レガシー用に「--disable-dxva2」を追加している以外は共通です。
pthreadsライブラリは、mingw-w64のwinpthreadsを使用しています。
ffplayとffprobeは、レガシー用のconfigureオプションでビルドしています。

・携帯動画変換君用パッチ適用版(time表示が秒単位、-flags2などの旧オプションも使用可、など)
ffmpeg_bin_legacy-95881.zip (主にWindows XP用)
ffmpeg_bin_generic-95881.zip (一般用)

ffplay_bin-95881.zip
ffprobe_bin-95881.zip

・オリジナル版
ffmpeg_bin_legacy_orig-95881.zip (主にWindows XP用)
ffmpeg_bin_generic_orig-95881.zip (一般用)

2019/11/29 追記
RTMPでエラーが出るとのことなので、librtmp復活版をアップしました。
・携帯動画変換君用パッチ適用版(time表示が秒単位、-flags2などの旧オプションも使用可、など)
ffmpeg_bin_legacy-95881-rtmp.zip (主にWindows XP用)
ffmpeg_bin_generic-95881-rtmp.zip (一般用)

ffplay_bin-95881-rtmp.zip
ffprobe_bin-95881-rtmp.zip

・オリジナル版
ffmpeg_bin_legacy_orig-95881-rtmp.zip (主にWindows XP用)
ffmpeg_bin_generic_orig-95881-rtmp.zip (一般用)


以下のライブラリをアップデート、その他いろいろ追加しました。
libaom 1.0.0-2719-g4d780b014
libpng-1.6.37 (新規追加、aribb24に必要)
aribb24-1.0.3 (新規追加)
dav1d 0.5.1-27-gf59b571
Kvazaar v1.3.0-124-g6f13f652
OpenH264 v2.0.0-20191122-git-4b2a2f0
rav1e-0.1.0 (新規追加) ※Windows XPでは動作しないため、genericとgeneric_orig版のみ追加
fftw-3.3.8 (新規追加、rubberbandに必要)
libsamplerate-0.1.9 (新規追加、rubberbandに必要)
rubberband-1.8.2 (新規追加)
gnutls-3.6.10
librtmp削除 (--enable-gmpにより不要になったため)
srt-1.4.0 (新規追加 Haivision SRT Protocol)
twolame-0.4.0
libvpx v1.8.1-294-g8d211a396
x264 rev.2988 git-7817004
x265 3.2+17-4a29e0c5bfaf
expat-2.2.9
fontconfig-2.13.92
zimg-2.9.2
libmysofa-0.9 (新規追加)

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

FFmpegのビルドは、以下の記事を参考にしてください。
FFmpegのビルド (2014/02/17)

ビルド環境:MinGW gcc-9.1.0
binutils-2.33.1
mingw-w64-v6.0.0

各ライブラリのバージョンは、以下の通りです。
nasm-2.14.02
yasm-1.3.0
zlib-1.2.11
bzip2-1.0.6
libaom 1.0.0-2719-g4d780b014
libpng-1.6.37
aribb24-1.0.3
dav1d 0.5.1-27-gf59b571
libbluray-1.1.2
libbs2b-3.1.0
libcaca-0.99.beta19
libcdio-2.1.0
libcdio-paranoia-10.2+2.0.0
game-music-emu-0.6.2
gsm-1.0.18
libilbc-2.0.3-dev-20190225-git-71e42a3
Kvazaar v1.3.0-124-g6f13f652
libmodplug-0.8.9.0
lame-3.100
OpenH264 v2.0.0-20191122-git-4b2a2f0
openjpeg-2.3.1
opus-1.3.1
opencore-amr-0.1.4
vid.stab-v1.10-20190213-git-aeabc8d
vo-amrwbenc-0.1.3
rav1e-0.1.0
fftw-3.3.8
libsamplerate-0.1.9
rubberband-1.8.2
gmp-6.1.2
nettle-3.5.1
gnutls-3.6.10
rtmpdump-2.4-20190330-git-c5f04a5 GnuTLS版
srt-1.4.0
snappy-1.1.7
libogg-1.3.3
aoTuV Beta6.03 (2018)
libtheora-1.1.1
speex-1.2.0
twolame-0.4.0
libsoxr-0.1.3
libvpx v1.8.1-294-g8d211a396
wavpack-5.1.0
libwebp-1.0.3
x264 rev.2988 git-7817004 (make fprofiled)
x265 3.2+17-4a29e0c5bfaf
xvidcore-1.3.5
libiconv-1.14
freetype-2.10.1
expat-2.2.9
fontconfig-2.13.92
fribidi-1.0.5
libass-0.14.0
SDL2-2.0.10
xz-5.2.4
libxml2-2.9.9
zimg-2.9.2
mfx_dispatch-20190520-git-6125584
libmysofa-0.9


configureオプションは、以下のようにしています。
「--enable-librav1e」は一般用のみ、レガシー用は「--enable-librav1e」無しで「--disable-dxva2」を追加している以外は共通です。

$ ./configure --enable-gpl --enable-version3 --enable-avisynth --enable-fontconfig --enable-gmp --enable-gnutls --enable-libaom --enable-libaribb24 --enable-libass --enable-libbluray --enable-libbs2b --enable-libcaca --enable-libcdio --enable-libdav1d --enable-libfreetype --enable-libfribidi --enable-libgme --enable-libgsm --enable-libilbc --enable-libkvazaar --enable-libmfx --enable-libmodplug --enable-libmp3lame --enable-libopencore-amrnb --enable-libopencore-amrwb --enable-libopenh264 --enable-libopenjpeg --enable-libopus --enable-librav1e --enable-librubberband --enable-libsnappy --enable-libsoxr --enable-libspeex --enable-libsrt --enable-libtheora --enable-libtwolame --enable-libvidstab --enable-libvo-amrwbenc --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libwavpack --enable-libwebp --enable-libx264 --enable-libx265 --enable-libxvid --enable-libxml2 --enable-libzimg --enable-libmysofa --enable-opengl --enable-pthreads --disable-w32threads --disable-debug --pkg-config-flags=--static --extra-ldflags=-static --extra-cflags="-mtune=generic -mfpmath=sse -msse" --cpu=i686 --optflags="-O2 -finline-functions"
posted by あべちん at 21:18 | Comment(6) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード
この記事へのコメント
rev.95881(59d264b0a1)だと、FFmpeg,ffplayともにradikoのRTMPのサーバーにアクセスしようとした場合エラーを吐くようになってしまっていました
前バージョンrev.94452(9af8ce754b)までは大丈夫でした
一応、ご報告までに
Posted by at 2019年11月28日 13:42
名無しさんこんにちは。管理人です。
コメントありがとうございます。

もうすでに解決してるかもしれませんが、librtmpを復活させたバージョンをアップしましたので、お試しください。

結果どうなったか、ご報告いただけると助かります。
よろしくお願いします。m(_ _)m
Posted by あべちん at 2019年12月01日 17:11
FFmpegのコマンドがffmpeg -i "rtmpe://f-radiko.smartstream.ne.jp/FMT/_definst_/simul-stream.stream conn=S: conn=S: conn=S: conn=S:(X-Radiko-AuthTokenの変数の値)" -c copy "C:\Users\admin\Documents\radiko.mp4"
ffplayのコマンドがffplay.exe "rtmpe://f-radiko.smartstream.ne.jp/TBS/_definst_/simul-stream.stream conn=S: conn=S: conn=S: conn=S:(X-Radiko-AuthTokenの変数の値)"
なんですがrev.95881のバージョンからたぶん、conn=S:のコマンド認証をしなくなってしまった可能性が高いのですが…
Posted by at 2019年12月02日 06:09
名無しさん、こんにちは。管理人です。
コメントありがとうございます。

先にアップしたlibrtmp無しバージョンでは以下のようなエラーが出ました。
Detected librtmp style URL parameters, these aren't supported by the libavformat internal RTMP handler currently enabled. See the documentation for the correct way to pass parameters.

2019/11/29にアップしたlibrtmp有りバージョンでは、私の環境では問題なく動作しましたが、いかがでしょうか?
Posted by あべちん at 2019年12月03日 00:01
ありがとうございました 大変申し訳ございませんでした librtmp有りバージョンで問題なく動作していました
Posted by at 2019年12月03日 04:49
名無しさん

動作確認ありがとうございました。
解決して良かったです。

他にも困っていた方がいらっしゃったかもしれませんので、早く教えていただいて助かりました。
ありがとうございました。
Posted by あべちん at 2019年12月04日 02:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186850941
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック