2022年02月08日

FFmpeg rev.105504 ダウンロード

FFmpeg最新版(2022/02/07現在)、rev.105504(04cc7a5548)のWindows用バイナリを置いておきます。

generic版とgeneric_orig版はWindows 7 64bit版以降で動作します。
legacy版とlegacy_orig版はWindows XP 32bit版および64bit版以降で動作します。


【64bit版】携帯動画変換君用パッチ適用版(time表示が秒単位、-flags2などの旧オプションも使用可、など)
ffmpeg_bin_generic-x64-105504.zip

【64bit版】オリジナル版
ffmpeg_bin_generic_orig-x64-105504.zip

【64bit版】
ffplay_bin-x64-105504.zip
ffprobe_bin-x64-105504.zip

【32bit版】携帯動画変換君用パッチ適用版(time表示が秒単位、-flags2などの旧オプションも使用可、など)
ffmpeg_bin_legacy-105504.zip

【32bit版】オリジナル版
ffmpeg_bin_legacy_orig-105504.zip

【32bit版】
ffplay_bin-105504.zip
ffprobe_bin-105504.zip


以下のライブラリをアップデートしました。
【64bit版のみ】
rav1e v0.5.0 p20220201
SVT-AV1 v0.9.0-25-gf2f06412

【64bit版、32bit版共通】
AviSynthPlus-3.7.1a
ladspa_sdk_1.17
libaom 3.2.0-393-g402e264b9
dav1d 0.9.2-125-g1f09a91
OpenH264 v2.2.0.2201-20220128-git-33c6546
libopenmpt-0.6.1
rubberband-2.0.2
libvpx v1.11.0-91-g0156be2ab
libwebp-1.2.2
x264 0.164.3086 5585eaf
expat-2.4.4
fontconfig-2.13.96
harfbuzz-3.2.2
SDL2-2.0.20


zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

FFmpegのビルドは、以下の記事を参考にしてください。
FFmpegのビルド (2014/02/17)

ビルド環境:MSYS2
gcc-11.2.0
binutils-2.37
mingw-w64-v9.0.0
cmake-3.22.2
rust-1.57.0
meson-0.61.1
ninja-1.10.2


各ライブラリのバージョンは、以下の通りです。
【64bit版のみ】
rav1e v0.5.0 p20220201
librist-v0.2.6
SVT-AV1 v0.9.0-25-gf2f06412

【64bit版、32bit版共通】
AviSynthPlus-3.7.1a
chromaprint-v1.5.0
dlfcn-win32-1.3.0
ladspa_sdk_1.17
libssh-0.9.6
libzmq-4.3.4
nv-codec-headers-n8.2.15.12
rabbitmq-c-0.11.0
zvbi-0.2.35
nasm-2.14.05
zlib-1.2.11
bzip2-1.0.8
libaom 3.2.0-393-g402e264b9
libpng-1.6.37
aribb24-1.0.3
dav1d 0.9.2-125-g1f09a91
libbluray-1.3.0
libbs2b-3.1.0
libcaca-0.99.beta20 release
libcdio-2.1.0
libcdio-paranoia-10.2+2.0.1
game-music-emu-0.6.3
gsm-1.0.19
libilbc-2.0.3-dev-20190225-git-71e42a3
Kvazaar v2.1.0-63-g96b00ff5
libmodplug-0.8.9.0
lame-3.100
OpenH264 v2.2.0.2201-20220128-git-33c6546
libopenmpt-0.6.1
openjpeg-2.4.0
opus-1.3.1
opencore-amr-0.1.4
vmaf-2.3.0
vid.stab-v1.20-20201110-git-f9166e9
vo-amrwbenc-0.1.3
libsamplerate-0.2.2
rubberband-2.0.2
mbedtls-2.16.12
rtmpdump-2.4-20210219-git-f1b83c1 Mbed TLS版
srt-1.4.4
snappy-1.1.9
libogg-1.3.5
aoTuV Beta6.03 (2020)
libtheora-1.1.1
speex-1.2.0
twolame-0.4.0
libsoxr-0.1.3
libvpx v1.11.0-91-g0156be2ab
libwebp-1.2.2
x264 0.164.3086 5585eaf (make fprofiled)
x265 3.5+20-17839cc0d 8bit+10bit+12bit
xvidcore-1.3.7
libiconv-1.16
freetype-2.11.1
expat-2.4.4
fontconfig-2.13.96
fribidi-1.0.11
harfbuzz-3.2.2
libass-0.15.2
SDL2-2.0.20
xz-5.2.5
libxml2-2.9.12
zimg-3.0.3
mfx_dispatch-1.35.1
libmysofa-1.2.1


configureオプションは、以下のようにしています。

「--enable-librav1e」「--enable-librist」「--enable-libsvtav1」は64bit版のみ。
レガシー32bit版は上記オプション無し、「-msse2」無し、「--disable-mediafoundation」を追加。
その他のオプションは共通です。

$ ./configure --enable-gpl --enable-version3 --enable-avisynth --enable-chromaprint --enable-fontconfig --enable-ladspa --enable-libaom --enable-libaribb24 --enable-libass --enable-libbluray --enable-libbs2b --enable-libcaca --enable-libcdio --enable-libdav1d --enable-libfreetype --enable-libfribidi --enable-libgme --enable-libgsm --enable-libilbc --enable-libkvazaar --enable-libmfx --enable-libmodplug --enable-libmp3lame --enable-libmysofa --enable-libopencore-amrnb --enable-libopencore-amrwb --enable-libopenh264 --enable-libopenjpeg --enable-libopenmpt --enable-libopus --enable-librabbitmq --enable-librav1e --enable-librist --enable-librubberband --enable-librtmp --enable-libsnappy --enable-libsoxr --enable-libspeex --enable-libsrt --enable-libssh --enable-libsvtav1 --enable-libtheora --enable-libtwolame --enable-libvmaf --enable-libvidstab --enable-libvo-amrwbenc --enable-libvorbis --enable-libvpx --enable-libwebp --enable-libx264 --enable-libx265 --enable-libxvid --enable-libxml2 --enable-libzimg --enable-libzmq --enable-libzvbi --enable-mbedtls --enable-opengl --enable-pthreads --disable-w32threads --disable-debug --pkg-config-flags=--static --extra-ldflags=-static" --extra-cflags="-mtune=generic -mfpmath=sse -msse -msse2" --cpu=i686 --optflags="-O2 -finline-functions"
posted by あべちん at 01:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード
この記事へのコメント
ご無沙汰しております。
32bit版携帯動画変換君バージョンを試したのですが・・・
従来のオプションでは動作に不具合が出ました。
(バイナリの入れ替えで動作に不具合が出ました)

動画変換のためのwavファイルの作成は問題ないのですが、その後の動画変換時に利用しているオプション -deinterlace が不対応と出て落ちます。
前バージョン(102841)からオプション指定などが変わったのでしょうか?
ご教授願えると助かります。
オプション指定が変わったのであれば、スクリプトのアップデートを行うことも考えております。

ご報告させていただきました。
Posted by KANAAN-PEPO at 2022年03月12日 23:32
KANAAN-PEPOさん、こんにちは。管理人です。

お久しぶりです。
いつもご報告ありがとうございます。

2013年に、-deinterlaceオプションは、ffmpeg内部でyadifフィルタに置き換わっていました。
-deinterlaceオプションは廃止して、今後はyadifフィルタを使用してくださいということのようです。

yadifフィルタについて、こちらに説明があります。
https://nico-lab.net/yadif_with_ffmpeg/
Posted by あべちん at 2022年03月16日 05:35
早速の回答有り難うございます
オプション…結構前から導入されてたんですね。
指定方法のご教授ありがとうございます。
タイミングを見てテストして変更していきたいと思います

ありがとうございます
Posted by KANAAN-PEPO at 2022年03月16日 17:31
まだ様子見ですが、ちゃんとインターレースを解除できたの確認できました。
スクリプトの方を順次切り替えていくとします。
ありがとうございました。
Posted by KANAAN-PEPO at 2022年03月17日 21:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189322499
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック