2008年10月03日

FFmpeg rev.15533 ダウンロード

FFmpeg最新版(2008/10/3現在)、rev.15533のWindows用バイナリを置いておきます。

ffmpeg.cソースで、

undefined reference to `_usleep'

となってしまうので、ffmpeg.cソース中で

#define usleep(t) Sleep((t) / 1000)

として、ごまかしちゃっていますが、前回まで使用できていた方は今回も問題なく動作すると思います。

ffmpeg_bin-15533.zip
ffmpeg_bin_pentium4-15533.zip (Pentium4最適化版)
ffmpeg_bin_athlon64-15533.zip (Athlon64最適化版)

2013/02/09 削除しました。

以下のライブラリをアップデートしました。
x264 r999

http://x264.nl/
より、
notes:
??-??-08: 1000: revision 1000 party at pengvado's villa
??-??-08: 1000: donate 1 million euro to make revision 1000 version 1.0
だそうです…。
pengvadoというのは、開発者さんでしょうかね。

その他、今回も自前でビルドしたMinGW gcc4.3.2を使用しています。


バイナリはどれを使っても大丈夫だと思いますが、SSE2に対応していないCPU(Sempronの一部など)をお使いの方は、最適化無し版を使ってみてください。

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。
pthreadGC2.dllは不要です。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

携帯動画変換君の設定は、こちらの記事を参考にしてください。

FFmpegのコンパイルは、こちらの記事を参考にしてください。

コンパイル環境:MinGW gcc4.3.2

各ライブラリのバージョンは、以下の通りです。
nasm-2.04
yasm-0.7.1
pthreads-w32 release 2.9.0
zlib-1.2.3
a52dec-0.7.5-cvs
amrnb-7.0.0.2 (3GPP 26104-700)
amrwb-7.0.0.3 (3GPP 26204-700)
faac-1.26
faad2-2.6.1
gsm-1.0.12
lame-398
libnut-660
libogg-1.1.3
libvorbis-1.2.0
libtheora-1.0beta3
x264 rev.999
xvidcore-1.2

最適化オプションは、以下のようにしています。
configureのオプションに--enable-smallを付けると、gccのオプションに-Osが付き、-O4にしても無駄なことが分かりましたので、-O4は外しました。
--enable-smallを付けなければ、gccのオプションに-O3が付きます。

最適化無し版
--extra-cflags="-mtune=generic -mno-sse2 -fno-strict-aliasing"

Pentium4最適化版
--extra-cflags="-mtune=pentium4 -mfpmath=sse -msse -fno-strict-aliasing"

Athlon64最適化版
--extra-cflags="-mtune=athlon64 -mfpmath=sse -msse -fno-strict-aliasing"

configureオプションは以下の通りです。
$ ./configure --enable-memalign-hack --enable-postproc --enable-swscale --enable-gpl --enable-liba52 --enable-libfaac --enable-libfaad --enable-libgsm --enable-libmp3lame --enable-libnut --enable-libvorbis --enable-libtheora --enable-libx264 --enable-libxvid --disable-ffserver --disable-ffplay --enable-avisynth --enable-small --enable-pthreads --extra-ldflags=-static --extra-cflags="-fno-strict-aliasing"

configureのメッセージはこちら
posted by あべちん at 22:44 | Comment(7) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード
この記事へのコメント
すみません。libxvidが使え無いのですが通常は使えるようになっているんでしょうか?
Posted by koke at 2008年10月07日 14:39
上のものです。自己解決しました。 オプションの順番によって正しく命令が実行されないみたいです。過去のFFMPEGではそうかと思います。
Posted by koke at 2008年10月08日 04:39
""From 3.14 it has upgraded also mingw-runtime in 3.15, but because sound becomes strange with the combination of xvidcore and AAC, this time it has not applied.""

well 3.15 runtime is a requirement now.

i was wondering.
what exactly is strange about xvid and aac and sound??
commandline to reproduce?
so i can look for it next time i compile.

ty
tripp
Posted by tripp at 2008年10月09日 10:54
オプション -brdo と -flags2のbrdoが消えて、-subq 7 を使うといいらしいです。
Posted by アキ at 2008年10月17日 00:40
kokeさん、コメントありがとうございます。管理人です。
超遅レス申し訳ありません。

解決されたようで、良かったです。

時々更新していますので、またお越しくださいませ。
Posted by あべちん at 2008年11月21日 02:32
アキさん、コメントありがとうございます。管理人です。
超遅レス申し訳ありません。

重要な情報ありがとうございました。
ググってみたら、こんなの見つけました。

[FFmpeg-user] -flags2 brdo paramter replaced by what?
http://lists.mplayerhq.hu/pipermail/ffmpeg-user/2008-October/017513.html

また何か情報がありましたら、お知らせいただけるとありがたいです。
Posted by あべちん at 2008年11月21日 02:44
Hi, tripp-san.
Thank you for your comments.

Because sound bitrate setting did not become effective, a sound became strange.

The problem is already fixed.

In addition, I patched to xvidcore-1.2 to enable pthread.

http://abechin.sakura.ne.jp/sblo_files/k-tai-douga/ffmpeg/xvidcore-1.2-src.tar.bz2

http://abechin.sakura.ne.jp/sblo_files/k-tai-douga/ffmpeg/xvidcore-1.2-configure.diff

http://abechin.sakura.ne.jp/sblo_files/k-tai-douga/ffmpeg/xvidcore-1.2-pthread.diff

abechin
Posted by あべちん at 2008年11月21日 03:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/20486571
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック