2009年06月17日

FFmpeg rev.19205 ダウンロード

FFmpeg最新版(2009/6/16現在)、rev.19205のWindows用バイナリを置いておきます。

今回も、FFmpeg単体でAACのデコード(入力)はできますが、AACのエンコード(出力)はできません。

Nero AAC コーデックを使用した、音声AAC動画の作成方法を、こちらの記事に書きましたので、参考にしてください。

その他、libopencore-amrnbとlibopencore-amrwbを追加しています。
AMR音声のエンコードができますが、モノラルのみ、最大ビットレート12.2kbpsなので、音が悪すぎて観賞用にはとても耐えません。
用途としては、着うた用などでしょうか。
詳しくはまた後日書きます。

ffmpeg_bin-19205.zip
ffmpeg_bin_pentium4-19205.zip (Pentium4最適化版)
ffmpeg_bin_core2-19205.zip (Core2最適化版)
ffmpeg_bin_athlon64-19205.zip (Athlon64最適化版)
ffmpeg_bin_phenom-19205.zip (Phenom最適化版)

以下のライブラリをアップデートしました。
x264 rev.1165

今回も、自前でビルドしたMinGW gcc4.4.0を使用しています。

バイナリはどれを使っても大丈夫だと思いますが、SSE2に対応していないCPU(Sempronの一部など)をお使いの方は、最適化無し版を使ってみてください。

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。
pthreadGC2.dllは不要です。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

FFmpegのコンパイルは、こちらの記事を参考にしてください。

コンパイル環境:MinGW gcc4.4.0

各ライブラリのバージョンは、以下の通りです。
nasm-2.05.1
yasm-0.8.0
pthreads-w32 release 2.9.0
zlib-1.2.3
faac-1.28
faad2-2.7
gsm-1.0.13
lame-398-2
libnut-662
libogg-1.1.3
libvorbis-1.2.0
libtheora-1.0
x264 rev.1165
xvidcore-1.2.2
opencore-amr-0.1.1

最適化オプションは、以下のようにしています。
configureのオプションに--enable-smallを付けると、gccのオプションに-Osが付き、-O4にしても無駄なことが分かりましたので、-O4は外しました。
--enable-smallを付けなければ、gccのオプションに-O3が付きます。

最適化無し版
--extra-cflags="-mtune=generic -mno-sse2"

Pentium4最適化版
--extra-cflags="-mtune=pentium4 -mfpmath=sse -msse"

Core2最適化版
--extra-cflags="-mtune=core2 -mfpmath=sse -msse"

Athlon64最適化版
--extra-cflags="-mtune=athlon64 -mfpmath=sse -msse"

Phenom最適化版
--extra-cflags="-mtune=amdfam10 -mfpmath=sse -msse"

configureオプションは以下の通りです。
$ ./configure --enable-memalign-hack --enable-postproc --enable-gpl --enable-version3 --enable-libopencore-amrnb --enable-libopencore-amrwb --enable-libfaad --disable-decoder=aac --enable-libgsm --enable-libmp3lame --enable-libnut --enable-libvorbis --enable-libtheora --enable-libxvid --enable-libx264 --disable-ffserver --disable-ffplay --enable-avisynth --enable-small --enable-pthreads --extra-ldflags=-static --extra-cflags="-mtune=athlon64 -mfpmath=sse -msse -fno-strict-aliasing"

※--extra-cflagsは、最適化の種類により異なります。

configureのメッセージはこちら
posted by あべちん at 04:17 | Comment(8) | TrackBack(1) | FFmpegダウンロード
この記事へのコメント
いつも活用させていただいています。
FFmpegのフロントエンドを作成して利用していたのですが。
欲しいという方もいて、公開を検討しています。その際に、コンパイル済みのバイナリを同梱することは可能でしょうか。
もしくは、ダウンロード先として、こちらを案内すると言ったことは可能でしょうか。
Posted by Outliner at 2009年06月18日 22:25
こんばんわ
AtomCPUの場合、どれを選択すればよろしいのでしょう?
Posted by at 2009年06月21日 23:28
管理人さんではありませんが代わりに。

Atomは命令がCore2と互換性を持っているらしいので、Core2最適化版を使ってみて、駄目だと思ったら最適化なし版を使ってみるといいと思います。

参考:http://gcc.gnu.org/onlinedocs/gcc/i386-and-x86_002d64-Options.html#i386-and-x86_002d64-Options
Posted by Kazuki Ashiya at 2009年06月22日 18:11
Outlinerさん、コメントありがとうございます。管理人です。

わざわざご連絡いただいて、ありがとうございます。
バイナリはご自由に使っていただいてかまいません。

私も正確には理解していないのですが、GPLのバイナリを使用したソフトは、本体(この場合フロントエンド)もGPLに則ってソースを公開する義務があるなどの決まりがあるようです。

仲間内で使う位なら、たいして気にしなくていいかもしれませんね。
ソースが欲しいという人がいたら、あげないといけないことになりますけど。

ご存じでしたらすみません。
Posted by あべちん at 2009年06月24日 03:22
Kazuki Ashiyaさん、こんにちは。管理人です。

Atomって以外と高性能なのね…と、初めて知りました。

情報ありがとうございました。
Posted by あべちん at 2009年06月24日 03:25
横から失礼します。
GPLなプログラム用のフロントエンドの場合、たとえば変換君のように別プロセスとして起動する物の場合はソースを公開する(フロントエンドもGPLにする)必要はないですよ。
Posted by 通りすがり at 2009年06月24日 23:39
管理人さん、コメントありがとうございます。
さっそく使わせていただきます。


通りすがりさん
ありがとうございます。
別プロセスとして起動しているので、GPLじゃなくても大丈夫ですね。
Posted by Outliner at 2009年06月26日 01:22
通りすがりさん、コメントありがとうございます。管理人です。

なんだかGPLって分かりづらいですね。
もっと勉強せねば…。
Posted by あべちん at 2009年07月02日 17:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29855417
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

[UNIX/Linux] ffmpegをコンパイル [rev 19235]
Excerpt: pwをもらえたので早速ffmpeg入れてみる、今度は3gpにも対応 死ぬほど時間かかるww ffmpegは簡単に言えばいろんな動画や音楽を別の形式に変換するためのソフト、ここのサイトがわか..
Weblog: よくわからない現代魔法
Tracked: 2009-06-20 22:30