2010年12月17日

GCC 4.5.2リリース

GCC 4.5.2が、2010/12/16にリリースされました。

自前ビルドの手順はGCC 4.5.0と同じで、configureオプションに、
--enable-lto
を追加するだけですので、こちらの記事を参考にしてください。
GCC 4.5のビルド

私の場合、configureオプションはこのようにしています。

$ ../gcc-4.5.2/configure --prefix=/mingw --build=mingw32 --with-arch=i686 --with-tune=generic --enable-languages=c,c++,objc,obj-c++ --enable-libgomp --disable-werror --enable-threads --disable-nls --disable-win32-registry --disable-sjlj-exceptions --with-dwarf2 --enable-lto --with-system-zlib --with-host-libstdcxx=-lstdc++ --enable-libstdcxx-debug --enable-cxx-flags='-fno-function-sections -fno-data-sections' --disable-libstdcxx-pch --enable-version-specific-runtime-libs --disable-bootstrap

参考までに、ビルドスクリプトをこちらに置いておきます。
gcc-4.5.2-build-dw2-generic.sh

2011/03/10 追記
makeの時のフラグを、バイナリのサイズが小さくなるように修正しました。
gcc-4.5.2-build-dw2-generic-2.sh

当サイトにはバイナリは置いていませんので、自分でビルドするのが面倒という方は、こちらがおすすめです。
Komisar Mingw HowTo
http://komisar.gin.by/mingw/
posted by あべちん at 17:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | GCC自前ビルド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42129213
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック