2011年02月14日

FFmpeg内蔵AACエンコーダの使用例

FFmpeg内蔵AACエンコーダは、2011/02/14現在、実験段階ということになっています。

iPhoneやiPodなどのポータブルデバイスでヘッドホンで聴く分には、neroAacEncでエンコードしたものと比べても、たいして違いが分からないと、私は思います。

人によっては許せないという方もいらっしゃるようですので、ご自分の耳で判断していただければ良いかと思います。

ということで、携帯動画変換君での使用例を載せておきます。
Item番号、Title、解像度、ビットレートなどは、環境に合わせて変更してください。

画質の設定値は一例です。
とりあえず小さい画面で見られれば良いという感じです。

画質にこだわりたい方は、検索して他のサイトを参考にしてください。


[Item0]
Title=【動画】Xvid + 内蔵AAC(experimental) 320x240 768kbps 29.97fps 128kbps 44.1kHz
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -vcodec libxvid -flags +bitexact+mv4 -trellis 1 -me_method full -s 320x240 -aspect 4:3 -r 29.97 -b 768k -acodec aac -strict experimental -ab 128k -aprofile aac_low -ac 2 -ar 44100 -f 3gp -threads 3 "<%OutputFile%>.mp4""


[Item1]
Title=【動画】x264 + 内蔵AAC(experimental) 320x240 768kbps 29.97fps 128kbps 44.1kHz
Command0=""<%AppPath%>\cores\ffmpeg" -y -i "<%InputFile%>" -vcodec libx264 -b 768k -s 320x240 -aspect 4:3 -r 29.97 -me_method umh -g 150 -qcomp 0.7 -qblur 0.5 -qmin 10 -qmax 51 -qdiff 4 -subq 6 -me_range 16 -coder vlc -trellis 2 -sc_threshold 50 -flags +loop -flags2 +mixed_refs+mbtree -keyint_min 30 -cmp chroma -level 30 -refs 3 -i_qfactor 0.714286 -acodec aac -strict experimental -ab 128k -aprofile aac_low -ac 2 -ar 44100 -f mp4 -threads 3 "<%OutputFile%>.mp4""


音声は以下の部分です。
-acodec aac -strict experimental -ab 128k -aprofile aac_low -ac 2 -ar 44100

-strict experimental は必須です。
プロファイルは、今のところ -aprofile aac_low のみ設定できます。(省略可)

参考にしていただければ幸いです。


2011/02/17 追記
kamedo2さんが、各種エンコーダについて詳しく検証されています。
とても参考になりますので、ぜひご覧ください。

・AACの音質比較
http://d.hatena.ne.jp/kamedo2/20110101
・携帯・スマホ等でのコーデックの音質評価
http://d.hatena.ne.jp/kamedo2/20110215


【更新履歴】を見る
posted by あべちん at 22:02 | Comment(9) | TrackBack(0) | 携帯動画変換君
この記事へのコメント
-cutoff 17000って付けると良いですよ。
Posted by kamedo2 at 2011年02月15日 01:47
内蔵AACありがとうございます。
Posted by punio at 2011年02月15日 12:01

あべちんさん

みっどないとニャ(=⌒o⌒=)ノ

お久しぶりでつ!

ビットレートを下げるとちょっと変鴨?

128kなら大丈夫でつが・・・

Posted by まさみ at 2011年02月17日 01:43
kamedo2さん、こんにちは。管理人です。

情報ありがとうございます。

ブログ拝見しました。
とても詳しく検証されていて、勉強になりました。
-cutoffというオプション自体知りませんでした。

内蔵AACは、とりあえず聴ければいいやという感じなら、まあまあ良さそうですね。
Posted by あべちん at 2011年02月17日 09:10
まさみさん、こんにちは。管理人です。
おひさしぶりです!

たしかに、64kなんかだと、かなり劣化しますね。

携帯動画変換君なら、一度設定してしまえばneroAacEncでも手間がかかららないので、あえて内蔵AACを使う必要もないのでは?
と思ってしまいます。
Posted by あべちん at 2011年02月17日 09:17

美奈さん

こんばんニャ(=^∇⌒=)ノ

そうですね!

64kの場合


-strict experimental -cutoff 17000 -acodec aac -ac 2 -ar 44100 -ab 64k

にすると何とか聞ける感じ・・・

Posted by まさみ at 2011年02月18日 00:15
まさみさん、こんにちは。管理人です。

ブログ拝見しました。
qtaacencというのがあるんですね。
初めて知りました。

私も同じく、QuickTime 7.1.6のため確認できず…。

そのうち試してみようと思います。
Posted by あべちん at 2011年02月21日 20:46
美奈さん

みっどないとニャ(=⌒o⌒=)ノ

あべちんさん

このを参考に・・・

http://tmkk.pv.land.to/qtaacenc/
Posted by まさみ at 2011年02月22日 00:18
まさみさん、こんにちは。管理人です。

QuickTime 7.6.9をインストールして、qtaacencが使えるようになりました。

kamedo2さんのブログ、よく見たらqtaacencのことが書いてありましたね。

まさみさん、kamedo2さん、ありがとうございました。
Posted by あべちん at 2011年02月22日 12:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43425315
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック