2007年12月15日

FFmpegのコンパイル (軽量版)

使いもしないライブラリを全部インストールするのは面倒。
CPUもSingle Coreだから、Pthreadsもいらん。
という方は、以下のようにすれば、コンパイルの手順を省略できます。

gccは4.2.1か4.2.2、bashは3.1をインストールしておいてください。
NASMは必須、Yasmはなくても良いかも?
a52decは、DVDなどで使われるAC-3音声のデコードに必要です。
その他、よく使うライブラリだけインストールします。
nasm-2.00
yasm-0.6.2
zlib-1.2.3
a52dec-0.7.4
faac-1.26
faad2-2.6
lame-3.97
x264 rev.712
xvidcore-1.1.3

x264は、gcc4でコンパイルする場合の修正と、以下のようにPthreadsを無効にする必要があります。
x264のconfigureの修正は不要です。

$ ./configure --prefix=/mingw --disable-pthread
$ make
$ make install

その他のライブラリは、手順通りにコンパイル&インストールしてください。

最後に、FFmpegのコンパイルです。
configureの修正は不要です。

携帯動画変換君で、以下のようなエラーが出る場合があります。
A>ConvertMovieToFile:NewMovieFromFile Error
A>Dialog : 処理実行中にエラーが発生しました [Error:-8971]
その場合は、こちらの修正も試してみてください。

以下のように、configureを実行します。
$ ./configure --enable-memalign-hack --enable-gpl --enable-liba52 --enable-libfaac --enable-libfaad --enable-libmp3lame --enable-libx264 --enable-libxvid --disable-ffserver --disable-ffplay --enable-avisynth --enable-small --enable-w32threads --extra-ldflags=-static --extra-cflags="-fno-strict-aliasing"

メッセージが長々と出力されますので、しばらく待ちます。
Creating config.mak and config.h...
というメッセージの後、プロンプトが帰ってくればOKです。

その後、
$ make

ffmpeg.exeが出来ていれば完了です。
posted by あべちん at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpegビルド
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/8336559
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック