2015年08月17日

FFmpeg rev.74449 ダウンロード


FFmpeg最新版(2015/08/16現在)、rev.74449(b4b2717)のWindows用バイナリを置いておきます。

ffmpeg_bin-74449.zip
ffmpeg_bin_pentium4-74449.zip (Pentium4最適化版)
ffmpeg_bin_core2-74449.zip (Core2最適化版)
ffmpeg_bin_athlon64-74449.zip (Athlon64最適化版)
ffmpeg_bin_phenom-74449.zip (Phenom最適化版)

ffplay_bin-74449.zip
ffprobe_bin-74449.zip

以下のライブラリをアップデートしました。

OpenH264 v1.4.1.0-20150814-git-8a96d06
gnutls-3.3.4
rtmpdump-2.4-20150114-git-a107cef GnuTLS版
aoTuV Beta6.03 (2015)
libvpx-v1.4.0-1121-gbbb9ca4
x264 rev.2579 git-73ae2d1
x265 1.7+418-d56b2466c044
xvidcore-1.3.4
freetype-2.6
fontconfig-2.11.94
fribidi-0.19.7
libass-0.12.3

mbed TLSは、1.3.xから2.0.0になってAPIが大幅に変わり、rtmpdumpを修正しきれなくなったため、今回からGnuTLSに変更しました。
そのついでに、configureオプションに「--enable-gnutls」を追加しました。

その他、今回、自前でビルドしたgcc-5.2.0とmingw-w64-v4.0.4で、全部コンパイルしなおしました。


バイナリはどれを使っても大丈夫だと思いますが、SSE2に対応していないCPU(Duron、Sempronの一部、Pentium3など)をお使いの方は、最適化無し版を使ってみてください。

最適化無し版でもエラーが出る場合は、サポート外とします。

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

FFmpegのコンパイルは、以下の記事を参考にしてください。
FFmpegのコンパイル (2014/02/17)


posted by あべちん at 03:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード

GnuTLSのコンパイル&インストール (gnutls-3.4.4以降)


GnuTLSをインストールする前に、Nettleをインストールします。

NettleのインストールにはGMPが必要なので、先にインストールしておいてください。
GMPのコンパイル&インストール


1. Nettleのインストール
Nettle - a low-level cryptographic library
http://www.lysator.liu.se/~nisse/nettle/

このページの、
Download
Get the latest version by https or ftp. Recent releases are signed with the following PGP key:
のhttpsのリンクから、以下のページに行きます。
https://ftp.gnu.org/gnu/nettle/
より、
nettle-3.1.1.tar.gz
を、適当なディレクトリに保存します。

MSYSで、ファイルを保存したディレクトリに移動し、
$ tar xzf nettle-3.1.1.tar.gz
$ cd nettle-3.1.1
$ ./configure --prefix=/mingw --disable-shared --disable-openssl
$ make
$ make install


2. GnuTLSのインストール
The GNU Transport Layer Security Library
http://gnutls.org/
赤いバーのメニューのDownloadから、ダウンロードページに行きます。
http://gnutls.org/download.html

Downloading the GnuTLS libraryのstable-nextから、v3.4ディレクトリを開きます。
ftp://ftp.gnutls.org/gcrypt/gnutls/v3.4/
ここから、
gnutls-3.4.4.tar.xz
を、適当なディレクトリに保存します。

MSYSで、ファイルを保存したディレクトリに移動し、
$ tar xJf gnutls-3.4.4.tar.xz
$ cd gnutls-3.4.4

ここで、srcディレクトリにある *.h.bak と *.c.bak ファイルを、sedで修正します。
参考にしたのは、こちらの記事です。
http://thread.gmane.org/gmane.comp.encryption.gpg.gnutls.devel/8271

修正するファイルは読み取り専用になっているのですが、そのままsedを実行したら、再起動してもセーフモードでも削除できないファイルになってしまいました。
いろいろ試した結果、Unlockerというフリーソフトで削除できました。
後で削除したいときに面倒なため、sedの前にchmodで書き込み可にしておきます。

$ chmod u+w src/*.bak
$ find src/ -name '*.h.bak' -print | xargs sed -i -e "s/AO_TEMPLATE_VERSION 167937/AO_TEMPLATE_VERSION 167936/"
$ find src/ -name '*.c.bak' -print | xargs sed -i -e "s/VOIDP(rng)/(VOIDP)rng/" -e "s/VOIDP/void \*/"

修正後、
$ ./configure --prefix=/mingw --disable-shared --disable-cxx --disable-openssl-compatibility --disable-doc --disable-gtk-doc-html --with-included-libtasn1 --without-p11-kit
$ sed -i.orig -e "/Libs.private:/s/$/ -lcrypt32/" lib/gnutls.pc
$ make
$ make install

以上で終了です。


【補足】
拡張子が.xzのファイルは、GNU tar 1.22以降で解凍できます。
GNU tar 1.22以降をインストールするか、または、7-ZipなどのGUIツールで解答してください。

ffmpegなどでgnutlsをリンクするとエラーになることがあるため、configureの後、pkg-config用のファイル「lib/gnutls.pc」の「Libs.private:」項目に、
-lcrypt32
を追加するようにしました。

posted by あべちん at 02:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード

2015年06月02日

FFmpeg rev.72585 ダウンロード


FFmpeg最新版(2015/06/01現在)、rev.72585(138581c)のWindows用バイナリを置いておきます。

ffmpeg_bin-72585.zip
ffmpeg_bin_pentium4-72585.zip (Pentium4最適化版)
ffmpeg_bin_core2-72585.zip (Core2最適化版)
ffmpeg_bin_athlon64-72585.zip (Athlon64最適化版)
ffmpeg_bin_phenom-72585.zip (Phenom最適化版)

ffplay_bin-72585.zip
ffprobe_bin-72585.zip

以下のライブラリをアップデートしました。

libbluray-0.8.1
OpenH264 v1.4.1.0-20150601-git-b0a822d
vid.stab-v1.1-20150529-git-97c6ae2
libvpx-v1.4.0-403-g71e88f9
wavpack-4.75.0
libwebp-0.4.3
x265 1.7+90-12f0ed28ba0e
libass-0.12.2

その他、今回、自前でビルドしたgcc-5.1.0で、全部コンパイルしなおしました。


バイナリはどれを使っても大丈夫だと思いますが、SSE2に対応していないCPU(Duron、Sempronの一部、Pentium3など)をお使いの方は、最適化無し版を使ってみてください。

最適化無し版でもエラーが出る場合は、サポート外とします。

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

FFmpegのコンパイルは、以下の記事を参考にしてください。
FFmpegのコンパイル (2014/02/17)


posted by あべちん at 02:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード