2016年03月29日

OpenJPEGのコンパイル&インストール (version 2以降)


CMakeが必要ですので、あらかじめインストールしておいてください。
CMake
http://www.cmake.org/


OpenJPEGは、以下の場所にあります。
http://www.openjpeg.org/

左メニューの
Downloads
Latest release (v2.1.2)
から、以下のページに進みます。
https://github.com/uclouvain/openjpeg/releases/tag/v2.1.2

記事の更新が遅れている場合もありますので、最新版は、こちらを参照してください。
https://github.com/uclouvain/openjpeg/releases/latest

OpenJPEG 2.1.2
Downloads から、
Source code (tar.gz)
をクリックして、openjpeg-2.1.2.tar.gz を適当なディレクトリにダウンロードします。

MSYSで、ファイルを保存したディレクトリに移動し、
$ tar xzf openjpeg-2.1.2.tar.gz
$ cd openjpeg-2.1.2
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -G "MSYS Makefiles" .. -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/mingw -DBUILD_SHARED_LIBS=OFF -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release
$ make
$ make install

以上で終了です。


posted by あべちん at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ

2016年02月29日

Kvazaar HEVC encoderのコンパイル&インストール


Kvazaar HEVC encoderプロジェクトのページはこちらです。
http://ultravideo.cs.tut.fi/#encoder
余談ですが、KvazaarをGoogle翻訳したら、チェコ語で、訳はクエーサーでした。

ソースコードは、
https://github.com/ultravideo/kvazaar
このページ右側の「Download ZIP」ボタンをクリックして、
kvazaar-master.zip
を、適当なディレクトリに保存して、解凍します。

または、MSYSからGitを使って、以下のようにダウンロードします。
$ git clone https://github.com/ultravideo/kvazaar.git

以下の説明は、Gitを使った場合のディレクトリ名になっていますので、zipファイルをダウンロードした場合は読み替えてください。

MSYSで、ソースコードを保存したディレクトリに移動します。
$ cd kvazaar

ここでautogen.shを実行をすると、automake-1.11では以下のようなwarningが出ます。
automake-1.12では出ないようです。
configure.ac:40: warning: macro `AM_PROG_AR' not found in library

その場合は、以下のようにconfigure.acを修正します。
$ sed -i.orig -e "s/AM_PROG_AR/m4_ifdef([AM_PROG_AR], [AM_PROG_AR])/" configure.ac

修正後、
$ ./autogen.sh
$ ./configure --prefix=/mingw --disable-shared

configureが終了したら、pkg-configファイルのCflagsに、スタティックリンク用のフラグを追加します。
$ sed -i.orig -e "/Cflags:/s/$/ -DKVZ_STATIC_LIB/" src/kvazaar.pc

その後、
$ make
$ make install

以上で終了です。
posted by あべちん at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ

2016年02月28日

XZ Utilsのコンパイル&インストール


XZ Utilsは、以下の場所にあります。
http://tukaani.org/xz/

Source code
Stable
5.2.2 was released on 2015-09-29.
から、ソースコードをダウンロードします。
xz-5.2.2.tar.bz2を、適当なディレクトリに保存します。

3種類の拡張子どれでも良いのですが、.bz2を例に説明します。

MSYSで、ファイルを保存したディレクトリに移動し、
$ tar xjf xz-5.2.2.tar.bz2
$ cd xz-5.2.2
$ ./configure --prefix=/mingw --disable-shared
$ make
$ make install

以上で終了です。
posted by あべちん at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ