2014年02月19日

libilbcのコンパイル&インストール


iLBCとは、ウィキペディアより、
Internet Low Bitrate Codec あるいは iLBC は、ロイヤリティフリーのナローバンド音声符号化方式で、米国の Global IP Solutions 社(旧 Global IP Sound 社)が VoIP などのために開発した。他の方式と比べパケットロスの多いIPネットワークでも音質の低下が少ない特徴がある。

ウィキペディアの、iLBCのページはこちらです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Internet_Low_Bit_Rate_Codec


libilbcをコンパイルするために、CMakeが必要ですので、あらかじめインストールしておいてください。
CMake
http://www.cmake.org/


libilbcは、以下の場所にあります。
https://github.com/dekkers/libilbc

「Download ZIP」ボタンをクリックして、
libilbc-master.zip
を、適当なディレクトリに保存して、解凍します。

または、MSYSからGitを使って、以下のようにダウンロードします。
$ git clone https://github.com/dekkers/libilbc.git

以下の説明は、Gitを使った場合のディレクトリ名になっていますので、zipファイルをダウンロードした場合は読み替えてください。

MSYSで、ソースコードを保存したディレクトリに移動し、
$ cd libilbc
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -G "MSYS Makefiles" .. -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/mingw
$ make
$ make install

以上で終了です。


2014/09/20 追記
2014/09/18の更新以降、上記の手順でコンパイルエラーになってしまう場合、以下の手順を試してみてください。

まず、configureを生成します。
$ cd libilbc
$ autoreconf -if

その後、以下の手順で実行します。
$ ./configure --prefix=/mingw --disable-shared
$ make
$ make install


posted by あべちん at 08:35 | Comment(8) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ

2014年02月14日

x265のコンパイル&インストール


x265は、H.265/HEVC動画用のエンコードライブラリです。

x265をコンパイルするために、CMakeが必要ですので、あらかじめインストールしておいてください。
CMake
http://www.cmake.org/

x265のソースコード管理には、Mercurialが使われていますので、これもインストールしておいてください。
Mercurial SCM
http://mercurial.selenic.com/

「Download now↓」というバナーをクリックすると、Windows用Mercurialのインストーラーがダウンロードできます。


x265は、以下の場所にあります。
https://bitbucket.org/multicoreware/x265/wiki/Home

ソースコードは、MSYSからhg(Mercurial)を使って、以下のようにダウンロードします。
$ hg clone https://bitbucket.org/multicoreware/x265

cmakeを実行すると生成される「x265.pc」ファイルの「Libs.private:」という行に、リンクする必要がないライブラリが入るため、後でsedコマンドで修正しています。

MSYSで、ソースコードを保存したディレクトリに移動し、
$ cd x265/source
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -G "MSYS Makefiles" .. -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/mingw -DWINXP_SUPPORT=ON -DENABLE_TESTS=ON -DENABLE_SHARED=OFF
$ sed -i.orig -e "/Libs.private/d;/Libs/a Libs.private: -lstdc++" x265.pc
$ make
$ make install

以上で終了です。


【補足】
2014/03/21 追記
Windows Vista以降のMinGW環境でコンパイルする場合、pthreadライブラリは無くても問題ないと思いますので、cmakeとsedの所は以下のようにしてください。

$ cmake -G "MSYS Makefiles" .. -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/mingw -DENABLE_TESTS=ON -DENABLE_SHARED=OFF -DHAVE_STRTOK_R=1
$ sed -i.orig -e "/Libs.private/d;/Libs/a Libs.private: -lstdc++" x265.pc

2014/03/30 追記
Windows XPでも、pthreadライブラリ無しでコンパイルできるように修正されました。


posted by あべちん at 00:49 | Comment(5) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ

2014年02月10日

game-music-emuのコンパイル&インストール


game-music-emu(libgme)をコンパイルするために、CMakeが必要ですので、あらかじめインストールしておいてください。

CMake
http://www.cmake.org/


game-music-emuは、以下の場所にあります。
https://bitbucket.org/mpyne/game-music-emu
自動的に以下のURLに移動します。
https://bitbucket.org/mpyne/game-music-emu/wiki/Home

Source
The last released tarball (for version 0.6.1) is available from the Downloads page.

Downloadsのリンクから、以下のページに進みます。
https://bitbucket.org/mpyne/game-music-emu/downloads

ここから、
game-music-emu-0.6.1.tar.bz2
を、適当なディレクトリに保存します。

MSYSで、ファイルを保存したディレクトリに移動し、
$ tar xjf game-music-emu-0.6.1.tar.bz2
$ cd game-music-emu-0.6.1
$ mkdir build
$ cd build
$ cmake -G "MSYS Makefiles" .. -DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/mingw -DBUILD_SHARED_LIBS=OFF -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release
$ make
$ make install

以上で終了です。


posted by あべちん at 05:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ