2010年07月17日

GMPのコンパイル&インストール


GMPは、以下の場所にあります。
最新版は、こちらでチェックしてください。
http://gmplib.org/

トップページ右端の「Page contents: 」の「Download」から、
Download the latest release of GMP の下にある、
gmp-6.1.2.tar.bz2
を、適当なディレクトリに保存します。

MSYSで、ファイルを保存したディレクトリに移動し、
$ tar xjf gmp-6.1.2.tar.bz2
$ cd gmp-6.1.2
$ ./configure --build=i686-mingw32 --prefix=/mingw --enable-cxx
$ make
$ make install

以上で終了です。


【補足】
2011/04/19 追記
configureオプションに、
--build=i686-mingw32
を追加すると、GCCのCFLAGSに
-mtune=pentiumpro -march=pentiumpro
が指定されます。
pentiumpro は i686 と同じ意味です。

--build=i686-mingw32
が無い場合は、コンパイルしているPCのCPUを判別して、
-mtune=k8 -march=k8
など、そのアーキテクチャに特化した値になります。

その他、
--build=pentium4-mingw32 とすると、-mtune=pentium4 -march=pentium4
--build=core2-mingw32 とすると、-mtune=core2 -march=core2
--build=athlon64-mingw32 とすると、-mtune=k8 -march=k8
などということもできます。


posted by あべちん at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | GCC追加ライブラリ

libiconvのコンパイル&インストール


GCCを自前でビルドしたい方向けの情報です。
興味のない方は読み飛ばしてください。

libiconvは、以下の場所にあります。
最新版は、こちらでチェックしてください。
http://www.gnu.org/software/libiconv/

ソースコード
http://ftp.gnu.org/pub/gnu/libiconv/
libiconv-1.14.tar.gz
を、適当なディレクトリに保存します。

次に、以下のページからパッチを入手します。
http://www2d.biglobe.ne.jp/~msyk/software/libiconv-1.13-ja-patch.html

ダウンロードより、
libiconv-1.13-ja-1.patch.gz
を、適当なディレクトリに保存します。


2012/10/26 追記
libiconv-1.13-ja-1.patch.gz をlibiconv-1.14に適用できるように修正しました。
libiconv-1.14-ja-1.patch.gz

MSYSで、ファイルを保存したディレクトリに移動し、
$ tar xzf libiconv-1.14.tar.gz
$ cd libiconv-1.14
$ gzip -dc ../libiconv-1.14-ja-1.patch.gz | patch -p1
$ ./configure --prefix=/mingw --disable-shared --enable-static
$ make
$ make install

以上で終了です。


【補足】
2011/12/08 追記
最新版は、libiconv-1.14.tar.gz ですが、パッチがリリースされてから採用する予定です。

2012/10/26 追記
libiconv-1.14用のパッチを作成しました。
パッチの説明は、以下の記事を参考にしてください。
libiconv-1.14にlibiconv-1.13用のパッチを適用してみました



posted by あべちん at 13:39 | Comment(9) | TrackBack(0) | GCC追加ライブラリ