2016年02月29日

Kvazaar HEVC encoderのコンパイル&インストール


Kvazaar HEVC encoderプロジェクトのページはこちらです。
http://ultravideo.cs.tut.fi/#encoder
余談ですが、KvazaarをGoogle翻訳したら、チェコ語で、訳はクエーサーでした。

ソースコードは、
https://github.com/ultravideo/kvazaar
このページ右側の「Download ZIP」ボタンをクリックして、
kvazaar-master.zip
を、適当なディレクトリに保存して、解凍します。

または、MSYSからGitを使って、以下のようにダウンロードします。
$ git clone https://github.com/ultravideo/kvazaar.git

以下の説明は、Gitを使った場合のディレクトリ名になっていますので、zipファイルをダウンロードした場合は読み替えてください。

MSYSで、ソースコードを保存したディレクトリに移動します。
$ cd kvazaar

ここでautogen.shを実行をすると、automake-1.11では以下のようなwarningが出ます。
automake-1.12では出ないようです。
configure.ac:40: warning: macro `AM_PROG_AR' not found in library

その場合は、以下のようにconfigure.acを修正します。
$ sed -i.orig -e "s/AM_PROG_AR/m4_ifdef([AM_PROG_AR], [AM_PROG_AR])/" configure.ac

修正後、
$ ./autogen.sh
$ ./configure --prefix=/mingw --disable-shared

configureが終了したら、pkg-configファイルのCflagsに、スタティックリンク用のフラグを追加します。
$ sed -i.orig -e "/Cflags:/s/$/ -DKVZ_STATIC_LIB/" src/kvazaar.pc

その後、
$ make
$ make install

以上で終了です。
posted by あべちん at 23:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ

2016年02月28日

XZ Utilsのコンパイル&インストール


XZ Utilsは、以下の場所にあります。
http://tukaani.org/xz/

Source code
Stable
5.2.2 was released on 2015-09-29.
から、ソースコードをダウンロードします。
xz-5.2.2.tar.bz2を、適当なディレクトリに保存します。

3種類の拡張子どれでも良いのですが、.bz2を例に説明します。

MSYSで、ファイルを保存したディレクトリに移動し、
$ tar xjf xz-5.2.2.tar.bz2
$ cd xz-5.2.2
$ ./configure --prefix=/mingw --disable-shared
$ make
$ make install

以上で終了です。
posted by あべちん at 04:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | FFmpeg追加ライブラリ

2015年12月31日

FFmpeg rev.77558 ダウンロード


FFmpeg最新版(2015/12/31現在)、rev.77558(15e1fd9)のWindows用バイナリを置いておきます。

ffmpeg_bin-77558.zip
ffmpeg_bin_pentium4-77558.zip (Pentium4最適化版)
ffmpeg_bin_core2-77558.zip (Core2最適化版)
ffmpeg_bin_athlon64-77558.zip (Athlon64最適化版)
ffmpeg_bin_phenom-77558.zip (Phenom最適化版)

ffplay_bin-77558.zip
ffprobe_bin-77558.zip

以下のライブラリをアップデートしました。

xz-5.2.2 (新規追加)
kvazaar-v0.72-20151221-git-e14858f (新規追加)
libbluray-0.9.2
OpenH264 v1.6.0-20151231-git-cd75541
rtmpdump-2.4-20151223-git-fa8646d
libsoxr-0.1.2
libvpx-v1.5.0-283-gb8c2a4e
libwebp-0.5.0
x264 rev.2638 git-7599210
x265 1.8+191-375ce77b8c35
freetype-2.6.2
libass-0.13.1

2016/02/27 追記
GnuTLSに必要なライブラリが抜けていたため、追加しました。
gmp-6.1.0
nettle-3.1.1

その他、今回、自前でビルドしたgcc-5.3.0で、全部コンパイルしなおしました。

バイナリはどれを使っても大丈夫だと思いますが、SSE2に対応していないCPU(Duron、Sempronの一部、Pentium3など)をお使いの方は、最適化無し版を使ってみてください。

最適化無し版でもエラーが出る場合は、サポート外とします。

zipファイルを解凍すると、ffmpeg.exeが出てきますので、携帯動画変換君のcoresフォルダに置くなり、単体で使うなりしてください。

携帯動画変換君のffmpeg.exeとは、オプションの互換性がありませんので、上書きする際はご注意ください。

FFmpegのコンパイルは、以下の記事を参考にしてください。
FFmpegのコンパイル (2014/02/17)


posted by あべちん at 23:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | FFmpegダウンロード